Kenji Tanaka Seminar's Web site (田中ゼミ) : Top Page


Welcome

Since Sep. 2010


広島工業大学環境学部 田中健路ゼミのHPへようこそ。ゼミの紹介のほか、担当教員である田中健路の研究・教育などのコンテンツを掲載しています。

What is new

2011.9.20 [Links] 8/21に行われたオープンキャンパスの様子が大学公式ホームページに載っています。ページへ移動する。
2011.9.12 [研究業績] 河川環境管理財団より研究助成を受けて実施した研究成果が、事後評価により優秀研究成果として認められました。10月27日に財団主催の講演会にて、研究成果を発表します。ページへ移動する
2011.9.12 [研究業績]
日本気象学会秋季大会(名古屋)にて対馬で起こった気象津波の事例について研究発表を行います。ページへ移動する
2011.9.7 [研究業績]  土木学会論文集B2(海岸工学)に気象津波に関する研究論文が2編採択されました。ページへ移動する
2011.9.7 [サイト更新] ゼミページに、Facebook, Twitter Google+ 用のボタンを追加しました。
2011.6.15. [新聞記事] 三次青年会議所の6月例会に関する記事が中国新聞に掲載されました。電子版の記事ページ
2011.4.11[研究業績] 安全・安心科学技術プロジェクトで実施してきた熊本市都市部での取り組みをまとめた論文が、水害に対する危機管理に関する国際雑誌 (Journal of Flood Risk Manegement)に掲載が決まりました 。ページへ移動する
2011.3.25 [プログラミング] 海洋流動モデル(POM)に関するページを追加しました。ページへ移動するLinkIcon

田中ゼミへようこそ

bind_free143.jpg

田中ゼミの紹介です。

ページへ移動LinkIcon

News

bind_free143.jpg

教員およびゼミ生の活動に関する記事です。

ページへ移動

企業の皆様方へ

Innovation.jpg

これまでの研究教育活動を通じて得られた、気象・防災・情報分野のスキルを活用し、地域貢献から国際貢献まで幅広くお役に立てればと考えております。

ページへ移動LinkIcon

教育活動(授業科目・FD活動)

Education.jpg

担当している講義・実験の紹介です。

ページへ移動LinkIcon

九州沿岸域における潮位副振動をもたらす気象現象に関する研究

Abiki.jpg

潮位副振動とは、風や気圧などの気象の変化などにより、数分~数時間の周期で海水面が変動する現象です。細長い内湾では、海水面の変動が増幅され、浸水被害や船の転覆、養殖いけすの被害などが発生します。副振動の要因の一つとされる気象現象について研究を進めてきています。

ページへ移動LinkIcon

地表面熱収支・水収支・CO2輸送に関する観測研究

Tibet-BJ-Flux.jpg

超音波式風速計・赤外線式水蒸気/二酸化炭素濃度センサーを使って、地表付近の微気象を計測し、チベット高原・有明海干潟域などの様々な環境条件での地表面熱収支・水収支・CO2輸送に関する観測を行ってきています。

ページへ移動LinkIcon

地域行政・住民との対話型の水害対策(リスクマネジメント)に関する研究

top-image.jpg

九州地方は、梅雨末期をはじめとして、1時間に50mm, 日降水量が400mmを超える大雨が頻繁に起こります。大雨に伴う河川の氾濫・低地の浸水被害に対して地域行政・地域住民の安全を確保するために何が必要かを、地域行政・地域住民とのコミュニケーションにより取り組んできています。

ページへ移動LinkIcon

熊本都市圏における水循環に関する研究

bind_43.jpg

熊本市と周辺市町村からなる熊本都市圏では、人口約100万人の生活用水を地下水でまかなっています。大気・地表面から地下へと移動していく水の過程に関する研究に現在取り組んでいます。

ページへ移動LinkIcon

Publication list

Library.jpg

学術論文・報告書などの業績リストです。

ページへ移動LinkIcon

研究・教育資源

Servers.jpg

研究・教育で利用可能な設備(ハードウェア)やソフトウェアに関するページです。

ページへ移動LinkIcon

リンク

Links.jpg

研究・教育などに関するウェブサイトへのリンクです。

ページへ移動LinkIcon

Photo Gallery

DVC00094.JPG

ゼミなどの写真集です。

ページへ移動LinkIcon